2008年04月07日

No.9【たった三行で会社は変わる(藤田東久夫)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

どのように行動すれば見えない変化に適応し、
成長への道を進むことが可能になるのか。
そのための唯一の方法は「自分で変化する」ことである。
(p108)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

たった三行で会社は変わる―変化と行動の経営たった三行で会社は変わる―変化と行動の経営
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] たった三行で会社は変わる―変化と行動の経営
[著者] 藤田 東久夫
[種類] 単行本
[発売日] 2007-01-13
[出版社] ダイ..
>>Seesaa ショッピングで買う


 著者は、バーコード認識システムで有名な株式会社サトーのCEOです。

 著者は、この本のなかで、繰り返し、 「朝令暮改、大いに結構」
という主張を述べておられます。

 これには少し、説明が必要でしょうね。

 「朝令暮改」とは、言うまでもなく、中国の故事から生まれた所謂、
故事成語のひとつです。

 「朝出された命令が夕方には改められる」意味であり、普通は、
「ころころ変わって信用できない、当てにならない」というようなネガティブな
意味合いを持って使われる言葉です。

 特に、会社のなかでの朝令暮改は、リーダーシップの欠如を指摘され、
社の方向性も定まらないことから、厳に慎むべき、とされるのが一般的な
考え方でしょう。

 しかし、藤田氏の言う「朝令暮改」の意味合いは違います。

 藤田氏の中での優先順位は、まず、変化ありきなのです。

 彼は、「変化への主導」こそがリーダーシップ機能の発揮である、と
言い切ります。

 「変化を起こし、行動することこそがリーダーのリーダーシップ機能の
発揮なのだ」 (p103) と言うのです。

 彼の考え方はこうです。

 環境は読めない。だからこそ、こちら側からまず行動を起こしてみる。
 すると、環境の方から何らかの反応を起こしてくる。だから、その反応から
環境を探ってやればよい。

 「自分が行動すれば、つまり変化を主導すれば、必ずや今現在の
環境が反応してくる。打つべき手も見えてくる。つまり、戦略は行動に従う
のである。」 (p108) と言うのです。

 データを集めて次の手を探るというごく一般的なアプローチは、昨今の
目まぐるしい変化の荒波の中ではほとんど意味がない、それよりもまず、
主体的に行動を起こすことだ、という藤田氏の主張は、ご本人がトップで
あるがゆえに、なお一層の説得力を持って迫ってきます。

 この話を、ご自分の会社に、部署に、或いは、貴方個人に当てはめて
考えてみると、いったい、何が見えてくるでしょうか?



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/

◆◆◆  お願い   ◆◆◆

ぜひ、知人・友人・同僚の方々に

本メルマガ (通称:できビジ) を紹介して下さい!



◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。