2008年06月30日

No.31【6月のまとめ】

全思考全思考
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 全思考
[著者] 北野 武
[種類] 単行本
[発売日] 2007-03
[出版社] 幻冬舎

>>Seesaa ショッピングで買う


☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

人間の知恵や想像力は、壁や障害があってこそ豊かに発揮される。
知恵や想像力で壁を乗り越えるところに、自由の喜びがある。
何でも自由にやっていいよという世界では、
知恵も想像力も働かせる必要がない。
(p72)

「お前が困ったら、俺はいつでも助ける。
だけど、俺が困ったときは、俺は絶対にお前の前には現れない」
これが正しい。
お互いにそう思っているところに、初めて友情は成立する。
(p116)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



上司の頭はまる見え。上司の頭はまる見え。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 上司の頭はまる見え。
[著者] 川崎 貴子
[種類] 単行本
[発売日] 2006-07-06
[出版社] サンマーク出版

>>Seesaa ショッピングで買う


☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

人の上に立つ上司や社長は、
観葉植物を届けてくれる業者さんやコピー機の修理のお兄さん、
郵便局の人にもしっかりと顔を見て
「こんにちは、お世話になります」と言っていますか?
(p113)

女性が成長し、活躍できる会社は、
女性に対してもときには厳しいことを言い、
結果を求める会社です。
(p174)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



千円札は拾うな。千円札は拾うな。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 千円札は拾うな。
[著者] 安田 佳生
[種類] 単行本
[発売日] 2006-01-20
[出版社] サンマーク出版

>>Seesaa ショッピングで買う


☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

お金の「価値ある使い方」を目指すなら、
歴史や気持ちの重さではなく、
「効果の高さ」で使い方を決めることが必要だ。
(p63)

成長できる人は、間違った階段を上らなかった人ではない。
間違えたと気づいた瞬間に、
躊躇せずに今いる階段から飛び下りることができた人なのだ。
(p35)

自分の人生を納得できるものにするためには、
常識や、他人や社会の基準に惑わされない
自分自身の「軸」が必要なのである。
(p91)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


チャールズ・チャップリン
ライムライト コレクターズ・エディションライムライト コレクターズ・エディション
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ライムライト コレクターズ・エディション
[出演]
[レーベル] ジェネオン エンタテインメント
[監督] チャールズ・..
>>Seesaa ショッピングで買う


☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

美しさのなかには
常に哀しさがある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おさらい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

No.30【チャールズ・チャップリン】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

美しさのなかには
常に哀しさがある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この偉人の言葉からです。

チャールズ・チャップリン

 チャップリンといえば、「ライムライト」が忘れられません。

ライムライト コレクターズ・エディションライムライト コレクターズ・エディション
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ライムライト コレクターズ・エディション
[出演]
[レーベル] ジェネオン エンタテインメント
[監督] チャールズ・..
>>Seesaa ショッピングで買う


 私がこの言葉を初めて聞いたのは、テレビ洋画劇場の映画解説に
よってでした。

 どの作品だったかは、もう定かではありませんが、チャップリンの
作品をオンエアする回の映画解説で、故人となった荻 昌弘氏が、
チャップリンの言葉として紹介し、解説の締めとしたのです。

 私は当時、青春時代のただなかにいました。
 そして、この言葉に非常に感銘を受けたのを覚えています。

 チャップリンの真意は分かりません。
 しかし、私なりにこの言葉を読み解いてみましょう。

 私たちは、しばしば、「美しい」と感じます。
 例えば、夕焼けの風景に出会って。
 例えば、若く素敵な女性を見て。
 或いは、映画のなかの友情に触れて。

 しかし、その美しさのなかに、チャップリンは「哀しさ」をも同時に
感じているといいます。
 ここで、「悲しさ」ではないことに注意して下さい。
 「哀しさ」です。

 おそらくチャップリンは、美しいものに出会って、その一瞬を捉えると
同時に、時系列でも感じてしまっていたのだと思います。

 すなわち、この夕焼けは美しい。
 しかし、この美しさは今だけであり、すぐに夕闇がこの美しさを覆って
しまうだろう。

 また、この娘さんは美しい。
 しかし、この美しさは、やがて年齢とともに失われ、その皮膚には
皺が深く刻まれることになるだろう。

 或いは、このふたりの友情は美しい。
 しかし、人は同じところには留まることができないから、いずれふたりの
関係も変質せざるを得ない。

 つまり、「美しさ」は、一瞬なのです。
 ある一瞬を切り取れば、確かに「美しい」のですが、時系列で捉えると
全てのものはその場に留まることが許されないのです。

 だから、そのことを「哀しい」と感じたのではないでしょうか?

 そして、だからこそ、そんな「美しさ」をフィルムに永遠に定着させること
に情熱を注いだのではないでしょうか?



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 先人の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

No.29【千円札は拾うな。(安田佳生)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

自分の人生を納得できるものにするためには、
常識や、他人や社会の基準に惑わされない
自分自身の「軸」が必要なのである。
(p91)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

千円札は拾うな。千円札は拾うな。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 千円札は拾うな。
[著者] 安田 佳生
[種類] 単行本
[発売日] 2006-01-20
[出版社] サンマーク出版

>>Seesaa ショッピングで買う


 自分の人生を生きているのは、他ならない自分自身です。
 ですから、本来、幸福かそうでないかの基準は、自分自身のなかにしか
ないはずです。

 しかし、人は往々にして、自分以外の基準をもとにした行動を取り
がちです。
 つまり、「人にどう見られるか」という基準です。

 実際には、こんなに曖昧模糊として不確実な基準もないのですが、
現実には、「世間的な価値基準」に逆らって物事を決めるのは、そうそう
容易いことではありません。

 よって、多くの場合、特に確固たる信念でもない限り、「世間的にみて
無難な選択」に傾きがちになります。
 すると、当然のことながら、そこには自分自身で決めた選択であると
いう実感が希薄となり、何か、借り物のような人生が日々、展開されて
ゆくような感覚にとらわれたりもします。
 
 自分自身の人生なのに!

 こうして、大半の人が、よく似た生活パターンのなかに生き、よく似た
幸せとよく似た悩みを抱えて、何となく似ている人生を歩んでいる
ような気がします。

 本当の人生とは、そういうものではないのかもしれないにも関わらず
です。

 そんななかで、大切なのは「自分自身の『軸』を持つことだ」と、安田氏
は言うのです。

 「自分自身の軸」に沿って考えて出た結論なら、それが例え、世間
一般の平均的なそれと大きく隔たったものであったとしても、構わない
はずなのです。
 なぜならば、他でもない、自分自身が自分の基準で決めたことだから。

 世間一般の大半は、会社に就職する。
 だけど僕は、芸術の道を自分なりに極めてみたい。だから就職はしない。

 世間がどう考えようが構わない。
 俺は脱サラして、世界を放浪する。そこで感じたことを手記にまとめて
出版するんだ。
 なぜなら、そうしたいと心の底から今、考えているから。

 とにかく何でもいいのですが、自分自身の判断基準を持って、自分
自身の行く末を決めている、そう、自信を持って言い切れる人生が、
果たしてどれくらい存在するのでしょう?

 多くの人は、世間的に当たり前と思われているラインに沿って、何となく
生きているように思えます。
 いかがでしょう。
 今からでも、少しでも、改めて「自分自身の軸」を持って、人生を
“選んで”みませんか?

 自分自身の人生を「取り戻す」のです!



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

No.28【千円札は拾うな。(安田佳生)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

成長できる人は、間違った階段を上らなかった人ではない。
間違えたと気づいた瞬間に、
躊躇せずに今いる階段から飛び下りることができた人なのだ。
(p35)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

千円札は拾うな。千円札は拾うな。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 千円札は拾うな。
[著者] 安田 佳生
[種類] 単行本
[発売日] 2006-01-20
[出版社] サンマーク出版

>>Seesaa ショッピングで買う


 「今日のことば」に取り上げたのは、前回取り上げた豪華なオフィスの話
とは全く違う話のように思われるかも知れません。しかし、根っこの部分
では同じ話だと私は思っています。

 前回は、お金をいかに使うか、という話でした。
 今回は、時間と労力をいかに使うか、という話です。

 つまりは、「何を捨てて、何に集中的にエネルギーを注ぐか」という点に
おいて、全く共通する話になるのです。

 お金にしても、時間にしても、どう使うかということは、人間にとって
永遠のテーマです。
 「どう使うか」とは、すなわち、何には使い、何には使わないと決めるか、
ということです。

 お金も時間も、有限です。
 ただし、この有限の質は同じではありません。

 お金は、一時的に減っても、また盛り返す、ということが可能です。
 「無限に使い続ける、ということができない」という意味で有限ですが、
「増えたり減ったりする有限」です。

 しかし、時間はそうではありません。
 「人間で一番公平なのは、等しく死が訪れること」というように、人は
いつか必ず死にます。
 時間は「減り続ける有限」なのです。

 となれば、今、現に与えられているこの時間を、いかに使うか、という
ことになるのですが、いつが終わりなのか、に対する実感が希薄なため、
ついつい、漫然と過ごしてしまいがちです。
 特に若いうちはそうでしょう。

 人生に、試行錯誤、トライ&エラーは付きものです。
 実際、どんどん、挑んでみるべきでしょう。そのためにこそ、我々は
生を与えられているのでしょうから。

 ただ、「どうもこの道は、このまま進んでもうまくいきそうにないぞ」という
ことに気付いたとき、「それでもここまでやってきたんだから・・・」と、その
道をしばらく進んでいってしまうのか、それとも、そのまま進むことの
メリット・デメリットを冷静に、客観的に考え直して、道を選びなおすのか、
その決断がいつできるか、これが、実は人生を大きく左右しているのでは
ないでしょうか?

 人は往々にして、「そのままの生活」を続ける道を選んでしまいがちです。
 なぜならば、惰性のまま動いている方が、実は「ラク」なのですね。

 「変える」ことには、勇気が伴います。

 「成長とは『自分を捨てる勇気』」(p34)であり、「成長できないとしたら、
それは今まで積み上げてきた『自分』を捨てることができない」(p34)
からなのだ、と安田氏は言うのです。

 

▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

No.27【千円札は拾うな。(安田佳生)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

お金の「価値ある使い方」を目指すなら、
歴史や気持ちの重さではなく、
「効果の高さ」で使い方を決めることが必要だ。
(p63)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

千円札は拾うな。千円札は拾うな。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 千円札は拾うな。
[著者] 安田 佳生
[種類] 単行本
[発売日] 2006-01-20
[出版社] サンマーク出版

>>Seesaa ショッピングで買う


 著者の安田佳生氏は、人材・経営コンサルティング会社のワイキューブ
の社長です。

 この会社は、いろいろなメディアで取り上げられているので、ご存じの
方も多いだろうと思います。

 なぜ、メディアに登場する機会が多いのか?

 それは、メディアに取り上げられるようなことを、平気で行なうからです。

 例えば、本社の地下には社員専用のバーがあり、そこには1台150万円
のビリヤード台がふたつ置いてあります。
 また、東京恵比寿にあるオフィスにも、カフェバーがあります。

 大金をはたいて、わざわざそんな豪華なオフィスを作ったということで、
当然のことながら多くのメディアが取り上げました。

 もしかしたら、その記事を見て、初めて「ワイキューブ」という会社名を
認知した向きも多かったのではないでしょうか?

 まさに「雑誌や新聞から取材され、記事になることが、そのままブランド
戦略につながっている」(p51)のです。

 ワイキューブ社は、社業として企業のブランディング戦略も手掛けている
のですが、ほかならぬワイキューブそのものが、二手先、三手先の戦略を
行うブランディング戦略の手本となっているわけです。

 私自身も、以前、ワイキューブ社の福岡オフィス(移転する前)にお伺い
する機会がありましたが、バリ島のリゾートホテルをコンセプトにした、
それはそれは贅沢な造りに、驚嘆の声を上げたものでした。

 お聞きすると、会社のリクルート戦略としても、社員のモティベーション
アップの点からも、豪華なオフィスは有効だとのことで、大いに納得した
ものでした。

 このあたりの「投資術」に関して、安田氏は、「どんな投資でも、一手先の
戦略よりも、三手先で回収する戦略のほうが、勝率が上がって、リターンも
大きくなる」(p51)と言います。

 当然、そんな豪華なオフィスは無駄だ、社員の福利厚生にそこまでお金を
使うなんて・・・、といった類いの批判や陰口は、社の内外にあったことでしょう。

 しかし、安田氏は言うのです。
 「お金を使うというのはひとつのスキル」(p63)なのだと。

 はたして、貴方の会社では、効果的な投資ができているのでしょうか?

 はたまた、貴方自身は、自分自身への投資として、「三手先の投資」が
出来ているのでしょうか?

 今日は、そのあたりを考えてみてはいかがでしょう。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

No.26【上司の頭はまる見え。(川崎貴子)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

女性が成長し、活躍できる会社は、
女性に対してもときには厳しいことを言い、
結果を求める会社です。
(p174)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「今日のことば」は、この書籍からです。

上司の頭はまる見え。上司の頭はまる見え。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 上司の頭はまる見え。
[著者] 川崎 貴子
[種類] 単行本
[発売日] 2006-07-06
[出版社] サンマーク出版

>>Seesaa ショッピングで買う


 女性社長の書いた上司本です。

 もともと、女性と男性とでは脳みそのでき方からして違うのです。
 このことは、以前ベストセラーになったこの本で余すところなく語られ
ましたので、読んだ方も多いことでしょう。

「話を聞かない男、地図が読めない女」
アラン・ピーズ & バーバラ・ピーズ 著
主婦の友社 ¥1,680

 大脳生理学の話になってしまいますので、詳しくは触れませんが、
脳の働きの癖が違うので、それを踏まえた上で付き合っていかないと、
お互いに不幸なすれ違いを生んでしまうのです。

 この本にも、女性の部下を男の部下と同じように考えて扱っていたら、
思ったような効果が得られないとか、思いもしないような反応が返って
くるとか、そういうことになりますよ、という実例が、いろいろと語られて
います。

 例を挙げましょう。

 女性社員は、歩合制の仕事には反応しない、と川崎氏は言います。
 なぜならば、「営業成績という『結果』よりも、日々成長していくそのプロセス
をしっかり見て、評価してくれる仕事が、女性に『達成感』をもたらす」(p38)
からだと。

 逆に言うと、結果を求めても女性は響かない、むしろ、その過程における
頑張りを正しく評価されて初めて、女性は主体的に動き始めるのです。

 そういう生理的特性を持つ女性を活かすという観点からみて、女性にとって
「居心地がいい会社」と「活躍できる会社」とはイコールではない、と、川崎
氏は、いつも声高に言っているそうです(p172)。

 女性が居心地がいい会社、というのは、要するに女性にとって都合が
いい会社のことでしょう。例えば、「五時には必ず仕事が終わり、給料も
上がらないかわりに、ミスしても怒られない会社」(p172)などはその
典型です。

 しかし、こういう会社は、結局のところ、女性社員を戦力として正しく
扱っていないわけですから、女性から見れば非常に不公正であり、
また、会社の立場に立てば、非常にもったいない、と言うことができるの
ではないでしょうか?

 「失敗したときはきちんとしかられる経験がなければ、人は進歩」しない
(p173)のです。この点において、男性も女性も関係ありません。
 
 いかがでしょうか?
 貴方の会社における女性社員の扱いは、男性社員のそれとは全く
異質なものになっていませんか?
 それはお互いのために不幸です。
 いかにして女性の持つ能力を、正しく戦力として取り込むか?
 
 まだまだ、現場ではクリアするべき課題が多いように感じます。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

No.25【上司の頭はまる見え。(川崎貴子)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

人の上に立つ上司や社長は、
観葉植物を届けてくれる業者さんやコピー機の修理のお兄さん、
郵便局の人にもしっかりと顔を見て
「こんにちは、お世話になります」と言っていますか?
(p113)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「今日のことば」は、この書籍からです。

上司の頭はまる見え。上司の頭はまる見え。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 上司の頭はまる見え。
[著者] 川崎 貴子
[種類] 単行本
[発売日] 2006-07-06
[出版社] サンマーク出版

>>Seesaa ショッピングで買う


 本書は、所謂 「上司本」 の一種なのですが、その他多くの上司本と
一線を画するのは、これが、 「女性社長の書いた上司本」 である
ということです。

 いきおい、本書の内容は、以下のような方向性のものになります。

 ・男性上司が見落としがちな、女性社員特有の心理
 ・女性特有のものの見方で、組織や上司はまる裸にされている
 ・バカに出来ない女性の生理的な好悪感情
 ・女性社員の効果的な育て方

 そんななかで今日のことばは、女性社員に課せられがちな「マナー研修」
に言及した部分において語られている言葉です。

 マナー研修は、もともと感じのいい人、人当たりのいい人こそ受けるべき、
というのが川崎氏の主張です。

 一見、意外な感じを受けます。

 お客様に対するプロとしての接客は、自然にわき出る我流のマナーとは
明らかに違うもの、と考えておられるようです。
 だからこそ、きちんとした裏付けのあるマナーを身につけるべきである、と。

 よって、マナー研修は女性社員が受けるべきものでもあるわけですが、
肝心なのは、その研修後、上司が日々チェックすることであり、チェックする
だけではなくて自らも率先して行い、社内でルール化していくことが大切
なのだと。

 マナー研修は女性社員に行かせるだけ行かせておいて、表面的な部分
だけを「監視」し、「なんだよ、全然変わってないじゃないか」と愚痴ってい
るようでは、効果は全く上がらないわけです。

 ますは、上司である自分自身、取引先だけではなく、直接的な利害関係
の薄い出入りの業者さんなどに対しても、率先してきちんとしたマナーで
応対できるか、そこが問われるのだと。

 上客であり、失ってはならない取引先と、出入りの業者さんとでは、
会社にとっての重要度が違う、という思い込みから、得てして、態度に
差が出てしまいがちになるもの。

 しかし、同じ勤労者としての当り前のごく自然な対応、それをどんな相手に
対しても行う、というのが、あるべき姿でしょう。

 むしろ、そういう裏表のあるなしをこそ、女性社員は、女性独特の嗅覚で
見分けているのです。

 そういう部分でこそ女性社員から見限られている男性上司って、意外に
多いのではないのでしょうか?

 本書の題名の通り、まさに「上司の頭はまるみえ」なのです。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

No.24【全思考(北野武)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

「お前が困ったら、俺はいつでも助ける。
だけど、俺が困ったときは、俺は絶対にお前の前には現れない」
これが正しい。
お互いにそう思っているところに、初めて友情は成立する。
(p116)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

全思考全思考
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 全思考
[著者] 北野 武
[種類] 単行本
[発売日] 2007-03
[出版社] 幻冬舎

>>Seesaa ショッピングで買う


 この本は、北野武氏の文明論・世相論です。

 彼の鋭さについては、多くの方が認めるところと思いますが、それでいて
肝心なところにくると「オイラ、芸人だから」と言って、さっと身をかわすのが
たけし流なのです。
 でも、騙されちゃいけません。それこそが彼の戦略ですから。

 そんな武氏一流の友情論が、「今日のことば」に掲げたものです。

 こんな友情論をさらっと語れる人は、逆に知識人のなかにはいないのでは
ないでしょうか?

 北野武氏がB&Bの島田洋七氏と築き上げてきた友情のことは有名
ですが、それこそ、まさに上記のことばを実践したものです。

 「お前が困ったら、俺はいつでも助ける。だけど、俺が困ったときは、俺は
絶対にお前の前には現れない」、すなわち、全く見返りを求めない、無償の
友情です。それを「お互いに」持てる間柄であるかどうか・・・・

 この基準で考えると、世間によくある「友情」などは、ほとんど友情に
値しないと言えるでしょう。

 彼は言います。
「友情から何かを得ようと考えることが、そもそも間違っている。損得ずくで
考えるなら、友情は損するだけのもの。だけど、アイツが好きだ。困っている
のを知ったら、助けてやりたい。そういう自分の気持ちを、(お金で)買える
とか買えないとか言っていること自体がおかしな話なのだ。」(p117)

 貴方はそんなスタンスを取り続けられますか?
 私は、自信がありません。
 でも、そうあり続けられれば素敵だと思いますし、少しでも近づけたら
いいな、と思います。

 ところが別の個所で、武氏は、「俺は嫌な奴なんだ」と言います。
 綾小路きみまろ氏が、年配になってから爆発的に売れたことについて
語るときです。

 武氏ときみまろ氏は、浅草時代からの知り合いで、同じ舞台に立っていた
間柄です。その頃から、武氏はきみまろ氏の実力を高く買っていたようです。
 しかし、先に武氏が世に出て、きみまろ氏は長い間日の目を見ません
でした。

 そんなきみまろ氏が「中年の星」と言われて毒舌漫談でブレイクした。
 そのとき、武氏は「ほんとうに嬉しかった」と語る一方で、「もし俺が、今も
2人で同じポジションを争っていたとしたら、こんな風には喜べなかった
はずなのだ。」(p90)と言うのです。

 「俺は25年前にはもう売れていたよという余裕が、頭のどこかにあるから
喜べたのだ。あんまり恰好のいい話じゃない。」(p90)

 ここまで自分をさらけ出さなくてもいいのに・・・と感じてしまいますが、
これを隠しておけないのが、下町育ちの人間としての「品の良さ」、
なのでしょう。
 そういう気持ちをどこかで言葉にして出しておかないと、フェアじゃない。
 武氏はどうもそう思っているようです。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

No.23【全思考(北野武)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

人間の知恵や想像力は、壁や障害があってこそ豊かに発揮される。
知恵や想像力で壁を乗り越えるところに、自由の喜びがある。
何でも自由にやっていいよという世界では、
知恵も想像力も働かせる必要がない。
(p72)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

全思考全思考
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 全思考
[著者] 北野 武
[種類] 単行本
[発売日] 2007-03
[出版社] 幻冬舎

>>Seesaa ショッピングで買う


 北野武、すなわち、芸人のビートたけしその人です。

 この欄で、こういう本を取り上げることに、“あれっ” と思われる方も
いらっしゃるでしょう。

 しかし、この本はそれだけの価値を十分に内包した本です。

 基本的に、どんな本にも取り上げるべき価値はあるというのが私の
考えです。仮に『トンデモ本』と呼ばれているものにさえ、一片の真実
が隠されていれば、その部分は十分に価値があると言ってよいでしょう。

 さて、北野武氏です。

 彼について、今さら説明はいらないと思いますが、彼の芸人として、
或いは文化人としてのスタンスの取り方に、ある戦略的な変遷が見て
取れることに気付いている人は、実は少ないのではないか、と思います。

 以前、彼は、出す本の著者名に「ビートたけし」を使用していました。
 しかし、いつの頃からか、「北野武」名での本を少しずつ出すようになり、
最近では専ら「北野武」名での出版ばかりです。

 彼は、かぶり物をして出てきておどける芸人「ビートたけし」と、映画監督
等として文明評論までやってのける文化人「北野武」の双方をうまく
使い分け、その振幅の大きさのなかで戦略的に次の手、次の手を打ち続け
てきました。

 そのあたりのことについて、詳しく分析した本に、以下の本がありますので、
詳しくはそちらをご覧いただきたいと思います。

ビートたけしと「団塊」アナキズム (集英社新書 402B)ビートたけしと「団塊」アナキズム (集英社新書 402B)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ビートたけしと「団塊」アナキズム (集英社新書 402B)
[著者] 神辺 四郎
[種類] 単行本
[発売日] 2007-07
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う


 ともあれ、「文化人」北野武が分析・評論する世相論・文明論は、非常に
切れ味鋭く、考えさせられるものがあるのです。

 「今日のことば」に取り合げた箇所がまさにそれで、自由を謳歌しすぎた
現代人が、だからこそ堕落し続けているさまを、見事に言い表しています。

 彼は言います。
・今の教育のように、人は平等なんだからみんな手をつなぎましょうなんて
いうのは、裏で喧嘩しろといってるようなものだ。(p65)

・この世には、自分の思い通りにならない、恐ろしい存在があるということを、
子供のうちから身に染みさせておかなきゃならない。(p70)

・負けるから、競争するのは嫌だ。だけど一番になって、他人を見下したい。
そういう甘ったれた未熟な心が、オタクの本質なんじゃないか?(p77)

・面倒臭いことを避けてばかりいると、人間は馬鹿になる。
脳味噌を発達させるのは、要するに面倒臭いことなのだ。(p154)

 彼は、世間が見ないように蓋をしている部分を、敢えて開いて見せている
ような偽悪的なところがあります。

 しかし、だからこそ、彼に反論するのは、たやすいことではありません。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。