2008年07月07日

No.33【ハンバーガーを待つ3分間の値段(斎藤由多加)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

結局人間の尊厳というのは
自分の力で自分の未来を選択していくことを言うのではないか、
そして待たされている状態というのは
ちょうどそれが絶たれたような状況を生み出すということではないか、
という気がするのです。
(p73)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術 (幻冬舎セレクト)ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術 (幻冬舎セレクト)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術 (幻冬舎セレクト)
[著者] 斎藤 由多加
[種類] 単行本
[..
>>Seesaa ショッピングで買う


 今日は、七夕ですね。
 織姫と彦星は、1年間待ちに待って、やっと今晩、会えるわけですが、
このふたりにちなんで、今回は「待つ」ことをテーマにいたしましょう。

 斎藤氏は、「待つ」ということを、「選択の自由を与えられていない状態」
と断じるのです。

 例えば、斎藤氏は、空港の入国審査ゲート、高速道路の車線数、
ラッシュ時の改札等を引き合いに出して、「こういった大きなインフラほど
競争がなく、お役所的な価値観で作られている。つまり利用者の
待ち時間のような『目に見えない苦痛』への配慮がしっかりと施されて
いない。」(p60)と指摘します。

 これに比べて、例えばマクドナルドは、「3分少々お待ちいただきますが
よろしいでしょうか?」と、きちんと客に確認を求めてくる。終わりが
はっきりしているから、待つことへの苦痛が半減されるわけですね。
 このことを斎藤氏は、「本当のサービス度とは客に選択肢を与えること」
(p69)とまとめています。

 その他、いい例として挙げられているのは、ディズニーランドの行列、
待ち時間を明確化した信号機のふたつです。
 なるほど。

 面白かったのは、あるF1ドライバーの言葉として語られている次の
指摘でした。

 高速道路にて、次のガソリンスタンドまで何km、という標識があります
ね。あれが不親切だというのです。
 何が不親切か分かりますか?

 指摘の内容は、こうです。
 「次のスタンドまで何kmかは分かった。しかし、この表示では、その
ガソリンスタンドを逃したら、あと何km給油所がないのかが分からない
から、判断のしようがない。」

 要するに、その次の給油所が100km先なら、ここで給油せざるを
得ないが、5kmおきに給油所があるのであれば、燃費のこともあるし、
なるべく軽いタンクのままぎりぎりまで走りたい。
 そういった選択の余地を与えてくれない表示だ、ということなのです。

 「自分で選択できる場合」、人は「待たされた」とは思いません。
 また、「過程が納得できるものである場合」、人は苦情を言わない
ものです。

 世の中にある、さまざまな「待つ」場面を通して、「ホンモノのサービス
とは何か?」を常に考え続けているのでしょう。

 こういう視点から、新作ゲームが生み出されてきたのです。
 日常のすべてが自分の仕事に生かせるのではないか?
 この視点は、貴方がどんな仕事に従事しているかに関係なく、大切な
視点だと思います。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。