2008年04月21日

No.13【わが息子よ、君はどう生きるか(P・チェスターフィールド)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

虚栄心を、哲学者は「人間の持つ卑しい心」と呼ぶ。
しかし、私はそうは思わない。
虚栄心があったからこそ、現在のこの私という人格ができ上がったのだ。
(p143)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 フィリップ・チェスターフィールドは、イギリスの政治家であり、作家
だった人です。
 この人には、父から息子に書き送った書簡を集めた有名な著作
があり、それは人生論の最高名著とも言われています。
 ちなみに、実際にはこの書簡集は、チェスターフィールド本人の
死後に刊行されています。

 日本では、『わが息子よ、君はどう生きるか』 の書名で、竹内 均
氏の翻訳で出版されました。
 この本です。

わが息子よ、君はどう生きるかわが息子よ、君はどう生きるか
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] わが息子よ、君はどう生きるか
[著者] フィリップ チェスターフィールド
[種類] 単行本
[発売日] 2005-11
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う


 本書は、それこそ名言の宝庫と言ってもいい書籍ですので、「読み
切る」 という感じではなく、「いつも側に置いておく」、「時折、見返す」、
所謂、『座右の書』とすべき類の本でしょう。
 
 フィリップ・チェスターフィールドは、生年享年が1694〜1773といいます
から、18世紀の人、つまり、日本で言うと江戸時代も真っ只中の人
なのですが、その内容は、全く色褪せることなく現在にも息づいて
います。

 この本の宣伝コピーを見ても、
「実社会に巣立つまえの子のための、第一級の人生の入門書」
「物心ともに豊かに生きるための具体的な勉強法」
「世の中を堅実に生きるルール」
というような言葉が連ねてありますが、まさにその通りの書です。

 「今日のことば」は、この書簡の文中から取りました。

 社会で一定の成功を収めた父親が、社会に出ようとする時期の息子に
手紙を書いているわけですから、それを念頭に置いて読まなければ
なりませんが、それだからこそ、自分も若者に帰った気分になって、
初心に帰ってみるには絶好の書でもあります。

 「今日のことば」の内容は、虚栄心を肯定的に捉えています。
 もちろん、ただ単に「見栄っ張りな心」のみであれば、チェスターフィー
ルドも肯定はしないでしょう。

 「人から賞賛を浴びたいと思う気持ち」ならば、どの時代のどの人間も
必ず持っているということを前提にし、その気持ちが強いことは決して
悪いことではない、とチェスターフィールドは言うのです。

 もちろん、そこには条件があって、「それ相応の思慮深さ、向上心」と
セットになっていることが大切なのです。

 人並み以上の虚栄心を持った人が、「実力以上に見られようと、精一杯
努力する」とき、そこには、素晴らしい結果が待っているのです。

 人々に認められたい、賞賛を浴びたい、人望を得たい、そういった
気持ちを純粋に持つことは、何ら卑しいことではありません。

 むしろ、その気持ちを純粋に持ち続け、その気持ちを満足させるための
努力がどれだけできるか、それがその人の価値を決めることになるので
はないでしょうか?



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◆◆◆  お願い   ◆◆◆

ぜひ、知人・友人・同僚の方々に

本メルマガ (通称:できビジ) を紹介して下さい!



◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94102628

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。