2008年04月24日

No.14【わが息子よ、君はどう生きるか(P・チェスターフィールド)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

息子よ、人から好かれるためには、
相手が相手自身を好きになるようにしてやることだ。
そうすれば、必ず相手は、お前をとても好きになるだろう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 「今日のことば」も前回と同じく、フィリップ・チェスターフィールドが
息子に書き送った書簡の文中から取りました。

 ただし、前回ご紹介した本、『わが息子よ、君はどう生きるか』には
「今日のことば」に完全に符合する箇所はありません。
 この本で言うなら、p166〜172あたりのエッセンスをまとめた言葉
ということになるでしょう。

わが息子よ、君はどう生きるかわが息子よ、君はどう生きるか
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] わが息子よ、君はどう生きるか
[著者] フィリップ チェスターフィールド
[種類] 単行本
[発売日] 2005-11
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う


 「今日のことば」に取り上げたのは、ノーマン・ピール牧師が、その
著書『人間向上の知恵』のなかで、チェスターフィールドが息子に送った
書簡に出てくる表現として取り上げているものの一部です。

「人間向上の知恵」
ノーマン・ピール/著 謝 世輝/訳
三笠書房 

 ノーマン・ピール牧師は、1932年から引退までの50年以上にも亘り、
ニューヨークにあるマーブル協同教会の牧師を務めた人で、説教や
著作など、いろいろな形で直接間接に人々を救い続けた人物です。

 そのピール牧師が、チェスターフィールドの書簡を取り上げている
ことは、非常に興味深いことですね。

 「今日のことば」に関して言うならば、一見、“人に好かれるための
処世術” のように見えます。そこに、多少の“あざとさ”のようなものを
感じる方もおられるかも知れません。

 しかし、よくこの言葉を反芻してみるとき、そこには、社会のなかで
互いが互いを生かしあうための知恵のようなものが見えてきます。

 この言葉によく似た形でよく言われるのは、次のような言葉では
ないでしょうか?
「人から好かれるためには、まず貴方が相手のことを好きになりなさい。
そうすれば、必ず相手は、貴方をとても好きになるでしょう。」

 しかし、この言葉はそうではないのです。
「相手が相手自身を好きになるようにしてやることだ」と書いているのです。

 この表現というのは、普段からよほど相手のことに配慮しながら生活
していないと、出てこない発想なのではないでしょうか?

 「相手が相手自身を好きになるように」するためには、一体、その
相手に対して、何をどうしてあげれば良いのか? 考えてみると、非常に
深い言葉であることが分かります。

 人と人とのつながりは、全て、一瞬一瞬の関係性の積み重ねでしか
ありません。 その中で、「相手が相手自身を好きになるように」する
ことを日々、配慮してみる・・・・。

 今日から貴方も、いかがですか?



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◆◆◆  お願い   ◆◆◆

ぜひ、知人・友人・同僚の方々に

本メルマガ (通称:できビジ) を紹介して下さい!



◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。