2008年06月26日

No.30【チャールズ・チャップリン】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

美しさのなかには
常に哀しさがある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この偉人の言葉からです。

チャールズ・チャップリン

 チャップリンといえば、「ライムライト」が忘れられません。

ライムライト コレクターズ・エディションライムライト コレクターズ・エディション
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ライムライト コレクターズ・エディション
[出演]
[レーベル] ジェネオン エンタテインメント
[監督] チャールズ・..
>>Seesaa ショッピングで買う


 私がこの言葉を初めて聞いたのは、テレビ洋画劇場の映画解説に
よってでした。

 どの作品だったかは、もう定かではありませんが、チャップリンの
作品をオンエアする回の映画解説で、故人となった荻 昌弘氏が、
チャップリンの言葉として紹介し、解説の締めとしたのです。

 私は当時、青春時代のただなかにいました。
 そして、この言葉に非常に感銘を受けたのを覚えています。

 チャップリンの真意は分かりません。
 しかし、私なりにこの言葉を読み解いてみましょう。

 私たちは、しばしば、「美しい」と感じます。
 例えば、夕焼けの風景に出会って。
 例えば、若く素敵な女性を見て。
 或いは、映画のなかの友情に触れて。

 しかし、その美しさのなかに、チャップリンは「哀しさ」をも同時に
感じているといいます。
 ここで、「悲しさ」ではないことに注意して下さい。
 「哀しさ」です。

 おそらくチャップリンは、美しいものに出会って、その一瞬を捉えると
同時に、時系列でも感じてしまっていたのだと思います。

 すなわち、この夕焼けは美しい。
 しかし、この美しさは今だけであり、すぐに夕闇がこの美しさを覆って
しまうだろう。

 また、この娘さんは美しい。
 しかし、この美しさは、やがて年齢とともに失われ、その皮膚には
皺が深く刻まれることになるだろう。

 或いは、このふたりの友情は美しい。
 しかし、人は同じところには留まることができないから、いずれふたりの
関係も変質せざるを得ない。

 つまり、「美しさ」は、一瞬なのです。
 ある一瞬を切り取れば、確かに「美しい」のですが、時系列で捉えると
全てのものはその場に留まることが許されないのです。

 だから、そのことを「哀しい」と感じたのではないでしょうか?

 そして、だからこそ、そんな「美しさ」をフィルムに永遠に定着させること
に情熱を注いだのではないでしょうか?



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 先人の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

No.8【武田信玄】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

百人のうち九十九人に褒めらるるは、
善き者にあらず。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この名将の言葉からです。

武田信玄

 武田信玄といえば、昨年のNHK大河ドラマも 「風林火山」でしたね。

風林火山―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ)風林火山―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 風林火山―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ)
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2006-12
[出版社] 日本放..
>>Seesaa ショッピングで買う


 「今日のことば」にあるような、「百人のうち九十九人に褒められる人」 
というのを、一般的に “八方美人” というのでしょう。

 もともと八方美人という言葉は、「八方どこから見ても欠点のない
ほどの美人」という意味で、褒め言葉でした。
 それが、 「誰に対しても如才なく振る舞う、調子のいいヤツ」 みた
いな貶し(けなし)言葉になってしまったようです。

 日本語の面白いところですね。

 実際には、八方美人も、そのからくりがばれて嫌われることも多い
ようですから、真に「百人のうち九十九人に褒められる人」というのは、
「人畜無害な人」なのかもしれません。
(だとしたら余計に悲しいですね。)

 「百人のうち九十九人に褒められる人」 が 「善き者」 でないのだ
としたら、いったい 「善き者」 とはどんな人なのでしょうか?

 「真の善人とは、十人のうち五人が貶(けな)し、五人が褒める人物」 
とは孔子の言葉だそうです。

 人が何事かの役割を背負い、成し遂げんとするとき、全く何の
反対も軋轢も生じないなどということは考えられません。

 もし、何の反対も軋轢も生じないとすれば、それは、その役割が大した
役割ではないのか、または、進め方が “八方美人”的なのか、の
どちらかでしょう。

 以前、小泉元首相が在任中に、改革を進行するなかで抵抗を示す
人たちを “抵抗勢力” と呼びましたが、その人たちを批判して、「抵抗
する人たちは、何に対しても抵抗する」 と言ったことがありました。

 これに同調した日産自動車のカルロス・ゴーン氏が、次のように言った
そうです。
 「何もしない人は批判されない。責任を負うということは、批判される
ということでもある」 と。

 今、貴方が背負っている役割の大きさはどのくらいでしょうか?

 その役割を成し遂げるに値する進め方を、貴方は選んでいるでしょうか?

 何も闇雲に突っ走る必要はありませんが、目的の大きさによっては、
時には英断を下すべき時も生じます。その際に、反対や抵抗が予想され
たとしても、目的をしっかり見据えたうえでの決断であるなら、断乎、実行
すべきでしょう。

 戦国時代、武将たちには、敵も味方も含めて、互いの人物の器を量る
必要に迫られる場面が多かったはずです。

 「今日のことば」は、さすがに屈指の武将のことばだと言えるでしょう。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/



◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 先人の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。