2008年07月11日

No.34【ハンバーガーを待つ3分間の値段(斎藤由多加)】

☆★☆★☆   今日のことば   ☆★☆★☆

真に人を動かすために必要なのは
「力」ではなく「情報」だと思うのです。
(p171)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「今日のことば」は、この書籍からです。

ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術 (幻冬舎セレクト)ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術 (幻冬舎セレクト)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術 (幻冬舎セレクト)
[著者] 斎藤 由多加
[種類] 単行本
[..
>>Seesaa ショッピングで買う


 以前、「消える中間管理職」という本を取り上げたときに、私は次の
言葉をご紹介しました。
 「部長や課長が経営情報を囲い込み、一般社員との情報格差によって
仕事をしているようではダメだということを申し上げたいのです。」

 真に大事な情報は上司が握っていて、部下には決定事項だけが
下りてきて、指示だけが与えられる、そういった旧来ありがちだった
会社組織のありかたを批判したものでした。

 「会社の方針」、「上司の意向」、これらは全て、「強制力」です。
 そういった強制力を基盤にした組織運営では、もはや人は動きません。

 「力」ではなく、「情報」そのものが人を動かすのです。
 その意味においても、真に重要な情報は、上司の間だけで囲い込ま
ないで、むしろ全従業員の間で共有すべきなのです。

 そうすれば、「会社の方針だから」とか、「上司の意向だから」といった
何らかの「強制力」に頼ることなく、社員一人ひとりが、それなりに
自発的な判断で動き始めるのではないでしょうか?

 斎藤氏は言います。
 「人を動かすのは強制力だけではありません。むしろその意義を
理解できれば、人間はどんどんと自分から動く生き物」(p171)なのだと。

 「強制力によって、社員が何となく一定方向に向かって動いている
ように見える」組織と、「必要な情報は全て社員にオープンにされていて、
各自が自分の判断で動くべき方向を選択している」組織と、
最終的にどちらが「強い」組織でしょうか?
 考えるまでもないことです。

 そこで、心配症の方は、「そんなに情報をオープンにしてしまって
大丈夫なのか」と考えます。
 しかし、いざやってみると、「末端まで情報をオープンにすることのメリット」
は、「情報をオープンにして起こる弊害」をはるかに上回ることに気付く
ことでしょう。

 ただし、実行の際は、会社全体の意思統一が必要です。
 一部のみの独断専行で始めた場合は、当然、弊害の方が大きくなり
ます。ご注意を。



▼ メルマガのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
    → http://blog.mag2.com/m/log/0000260210/


◇◇◇  編集後記  ◇◇◇

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・ご感想は、お気軽に下記メルアドまで。

今日が貴方にとって、良き判断の連続でありますように!

では、次回、またお会いしましょう!!



メールマガジン  『できるビジネスマンの金言・箴言・諫言』

☆☆☆ 発行責任者 : 村上 正高
☆☆☆ 公式サイト  : http://epiphany.seesaa.net/
☆☆☆ お問い合わせ: epiphany@spice.ocn.ne.jp
☆☆☆ 発行システム: 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆☆☆ 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000260210.html

※ ご紹介する書籍等のページ数には、版の違い、また、単行本と文庫本の
 違い等によって、ずれが生じている場合があります。ご了承ください。
posted by ドド at 23:26| Comment(9) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。